< !-- jQuery library --> < script src="http://kijiya-shoda.com/jquery-2.2.3.min.js">< /script> < !-- bxSlider Javascript file --> < script src="http://kijiya-shoda.com/jquery.bxslider.min.js">< /script> < !-- bxSlider CSS file --> < link href="http://kijiya-shoda.com/jquery.bxslider.css" rel="stylesheet" />

木製マグカップならKIJIYA-SHODA

 

 


                                                                             
                            work                  shop                  about                  contact                  press                  paint                  FAQ

 

 

 

 

 

塗料の違いについて

 

木製食器に使われている塗料は、天然オイル塗装、ウレタン塗装、漆塗装の3つが現在の主流です。

 

それでは各塗料の特徴について少しご紹介します。

 

 

【天然オイル仕上げ】

 

 天然植物などから抽出したオイル。透明で黄色っぽい色のものが多い。有機溶剤(シンナー)を一切使わず人体に無害の塗料。木に浸透し膜は張らないので木の素材感や色をそのままに、使い込むことで表情が変わってきます。自分だけの特別な器を育てる。そんなイメージで使われることが多いです。
 オイル仕上げの場合、定期的なお手入れが必要です。それは使い終わった後に洗うと、洗剤を使わなかったとしても少なからず木に浸透していたオイルも汚れと共にに落ちています。油分が減って器は汚れを吸い込みやすくなり、ケバ立ちかさかさになります。
そうなる前に洗い終わったら水気をしっかりとって乾かしたのち少量のオイルをウエスにつけ全体に馴染ませるように磨きます。

 

ケバ立ちが気になるようなら400番くらいのサンドペーパーで磨き、埃を綺麗に除去してからオイルで磨きます。(状態がさらにひどい場合は320番、240番と荒めのペーパーで) 

 

器を育てると言われているのは、このような器のお手入れが必要だからです。

 

【ウレタン塗装】

 

ウレタン樹脂を使った塗料で透明のものや、顔料などで着色したものもあります。目止め、下塗り、中塗り、仕上げ塗りと工程があり器の表面に膜を作り水分や汚れをしっかりはじきます。薄め液にシンナーを使います。シンナーは揮発性が高いため他の塗料に比べ乾くのが一番早いです。
陶器やガラス等の器と同じようにスポンジに洗剤をつけて洗えます。基本的にお手入れは必要ないので、取り扱いが簡単です。

 

 

 

 

【漆】

 

言わずと知れた日本が誇る伝統的な天然塗料です。漆そのものの色は茶色ですが、色を混ぜた赤や黒も有名です。蒔絵や螺鈿などの装飾をを施すと非常に優美な仕上がりとなります。
木地固め、下塗り、中塗り、仕上げ塗り、と大きくわけてこんな感じです。装飾する、しないなど、どういう仕上げにするかで塗る回数が変わってくるのでさらに工程が増えます。漆は乾かすにも知識や技術が必要でその管理も大変です。
国産の漆自体が高価であり、そのうえ蒔絵、螺鈿などの装飾が入れば高価な器になるのも納得ではないでしょうか?そのため最近では国産漆ではなく安価な中国産漆を使っていることもあります。

 

 

【塗料の比較】

 

・オイル塗料…有機溶剤を使わない自然植物オイルだから赤ちゃんや子供に安心。膜を作らない塗料のため熱や汚れに弱く傷がつきやすい。しかし、それが個性を生み、味を出すともとれる。使い込んで育てる。
初心者でも気軽に塗れる塗料だが、食器の場合はメンテナンスを定期的にしないとカビやシミ汚れにつながり衛生面に不安が出る。

 

・ウレタン塗料…有機溶剤のシンナーで塗料を薄めて塗られる。乾燥後はシンナーは揮発し残らない。ただ、有機溶剤やシンナーと聞くとあまり良いイメージ作成ではない。木地に布張りして何度も塗り重ねた漆ほどではないが、漆と同じように木地表面に膜を形成し熱や汚れに強く傷つきにくい。
学校給食の食器に使われている物や食品衛生法の基準をクリアしたものがある。基本的には無色透明の塗料で木目や色合いをそのままに仕上げたものが多いが、ステインなどを混ぜ着色仕上げにすることも可能。食洗器などは使えないので手洗いになるがスポンジと中性洗剤で洗える。

 

・漆…日本の伝統的な塗料。木目を生かした物や木地に布や紙を貼り上から数回塗重ね、さらに伝統技法の螺鈿や蒔絵で装飾したものがある。純粋な漆のみの生漆や化学成分を混ぜ塗りやすくしたり耐久性をあげたものがある。顔料を混ぜたりした色漆もある。国産の漆は希少で非常に価格が高い。流通している漆のほとんどが中国産漆であったり漆もどきとわれているものがほとんどなのが現状。

 

無垢材の木地と【樹脂+木粉】で成型された木地
オイル塗装、透明ウレタン塗装、擦り漆など木目のわかるものは本物の無垢の木地を使っていることがわかるが、木目がわからない黒や朱で塗られたものは木地が天然無垢の木ではなく【樹脂+木粉】でお椀などの形に成型されたものである可能性が高い。材となる木を伐採する林業の衰退、その材で木地を作る木地師の減少、和食器・漆器離れ、大量生産品や外国産の安価なものへのシフト、安価なものは痛んだら買い替えやすいなどが要因である。
無垢の木地では使えない電子レンジ、食洗器も使用可能なものもあり現代で一番流通しているのがこの【樹脂+木粉】タイプである。

 

 

※以上に述べましたが、これはあくまでも私個人の見解です。各分野、作り手の見解は様々です。

このエントリーをはてなブックマークに追加